これだから競馬観戦はやめられない

競馬は馬券は買わなくても観戦する事が大好きで毎週楽しみにしています。
惹きつける魅力は主役の馬は勿論、好きだったり気になる騎手や調教師や馬主さんなど馬に関わる人の魅力も大きい要因ともなっています。
それは好きな選手がいるスポーツを観戦を楽しむ感覚です。

先日行われたG1レースではデビューする前から注目していた騎手が主役を務める事となり始まる前から非常に楽しみでした。
その騎手とはJRA所属騎手としては4年前に久しぶりに誕生した藤田菜七子騎手です。
デビュー4年目にして初めてG1レースという大きな舞台に騎乗する事が決まりレース前からスポーツ紙だけではなく一般紙にまで大きく取り上げられたほどでしたので注目の大きさが伺えます。

デビューした日からずっと彼女の事は応援してきたので遂にこの日がやってきたかと嬉しさもひとしおでしたし、まして勝てる可能性がある実力馬に乗るのですから楽しみもドキドキもデビュー以来見てきた彼女のレースの中でも突出したものがありました。

いよいよ発走が近付き興奮も最高潮に達します。
騎乗停止にもならず人馬ともケガもせず取り敢えずはこのレースに無事に乗れた事でも嬉しかったですし結果は5着と残念ながら勝てなかったのですが直線での追い込む姿はデビューした頃のふらふらしながら走らせる不安定なものではなく力強いものもありましたし素人目にも上手になったと目を細めたものです。

彼女をこの大舞台に起用した馬主さんにも感謝の気持ちで一杯ですし、若手にチャンスを与えようとしているこういう馬主さんがいる事で競馬会も大いに盛り上がり若手騎手が大きく育つ要因にもなりますしそのおかげでファンも多いに楽しめたり喜べたり嬉しい気持ちになれますからね。